toggle

Quintonのご紹介

フランシスコ・コール
ラボラトリー・キントン 最高経営責任者(CEO)

私は2002年からキントン製造所の最高執行責任者を務めています。販売、市場開拓と調査、そしてここ数年は研究開発部署の設置に関して積極的に関わったりと、会社の全ての範囲で働いてきました。私が作ってきた「道」は、色々な賞によって認められています。
現在は、医者、薬剤師、そして自然療法士等の為に開くセミナーを通じて、海水療法を広めていく事により力を入れています。日本、中国、そしてマレーシアからスペイン、フランス、イタリアにイギリス、そしてアメリカに於いてさえ、私はキントンの海水療法がもたらす利益を共有してきました。

海洋環境とそこに住む生物への献身。地中海周辺の国々と日本の文化が色々な面で似ている事を示す沢山の例のただ一つではありますが、キントン製造所の我々は、その日本とこの専門的な研究を共有する事をとても誇りに思っています。健康と人生へのこの深い展望というのは、間違いなく我々の千年間の血統によって共有された共通の遺産の一部でしょう。そして日本の皆様にQuintonをご紹介できますことを嬉しく思っております。

ロバート・スローバック
水処理技術 生化学者 北米QUINTON創立者

革命的な生物学者ルネ・キントンは、海が動物類の細胞外体液の前身だという大切な事実を突き止めました。彼の発見以来、キントン・マリン・プラズマは、1897年から継続して西洋医学を実践する者たちに使用されてきました。120年経った今日でも世界中の先進医療や医学を実践する者たちに尊ばれています。

現代の食べ物、そして食習慣では、栄養のまさに基礎であるミネラル、微量元素、微量栄養素が欠けています。キントン・マリン・プラズマは、すべての元素の最適な割り合いをもたらす事により、体の細胞外体液を適正な構成に戻してくれます。理想的な生理的液体、そして恒常性を調節するものとして認められています。

キントン・マリン・プラズマはあなたの体内の”海”を元通りにしてくる神秘の海水です。日本の皆様にご紹介できることを心から嬉しく思います。

木村一相
歯学博士 / 笹塚歯科 QSS JAPAN TEAM ナビゲーター キントン海水療法研究所所長(IQMT)

私が“Quinton”に出会ったのは2015年の夏でした。全く調整されていない海水を飲む体験も今までありませんでした。始めて飲んだ時の味はまろやかな塩味で非常に美味しく感じました。また毎日飲み続けることで体の状態の様々なバランスが整っていく感覚を覚えました。その時はただの海水なのに何故こんなに惹きつけられるのか、その神秘性に魅了され“Quinton”の持つ潜在能力の探究が始まりました。

そして“Quinton”には生命の発生起源、人体のあらゆる機能を支える構造水の重要性、現代医学でもあまり重要視されてこなかった生体内に存在する「エネルギー」に至るまでの膨大な情報と深淵な科学的意義があることがわかってきました。

2016年にスペイン・アリカンテで行われたQuinton国際会議に日本代表として出席し世界20か国40人以上の各国の代表の方々との出会いから、“Quinton”が欧米諸国で長い間愛されてきたことを知りました。なぜこんなに長い歴史と治療実績のあるものが日本に知られてなかったのだろう?こんなに安全で効果のあるものを是非日本に紹介したいとの思いから日本での啓蒙活動を開始しました。

人体の70%は海水と近似した水であることから“Quinton”それは人の生命を祝福し、また生きる喜びを享受するために不可欠な要素です。私たち人間は海を起源とする生命体であり、そして私達自身が海の分身なのです。

Vortex(らせんエネルギー)のパワーがもたらしたご縁により日本の皆様へ、ここに“Quinton”をご紹介いたします。